賃貸の保証人とは?

代わりに家賃を支払う人


不動産管理会社、または大家さんに毎月決められた日に家賃を支払うことになりますが、口約束だけでは賃貸人は信用に乏しい契約になってしまいます。それを防ぐのが保証人です。もし支払うことができなければ、指定した保証人に支払い義務が発生します。原則誰でも良いですが、その保証人にも審査がありますので、収入がある人の方がスムーズに審査を通過します。

親でも大丈夫なケースが多いですが、仮に年金生活をしているような状況、もしくは年齢であれば、審査に通らないことも多いです。確実に毎月決められた収入を持っている人を指定するのが、スムーズな契約をすることができます。同僚や友人でも構いませんが、なかなか切り出しにくいのも保証人です。

どうしても見つけられない場合


保証人は切り出しにくい話題でもあり、友人や同僚を指定する人は少ないです。また何らかの事情があり、親や兄弟に頼ることができない人もいるでしょう。その場合は、家賃保証会社を利用することで、保証人になってもらうことができます。家賃滞納をした場合、代わりに支払ってくれる会社になります。契約をする際に不動産管理会社に申し出ることで利用が可能です。

ただし審査と利用料金が必要になります。今までに家賃滞納をしたことがある過去を持っている人は、残念ながら利用できないことも。また2年に1回契約更新がありますが、何か問題を起こした場合、契約更新ができないことがあります。また滞納した場合は、取り立てが厳しいのも特徴です。それを踏まえて契約をしましょう。