賃貸が安い時期とは?

6月から8月は最も家賃が安い時期


家賃は常に同じ賃料というわけではなく、時期によっても変わってきます。特に6月から8月にかけては、賃貸物件もオフシーズンになり、家賃も安い傾向にあります。
なぜ、この時期は家賃が安くなりやすいのかというと、引っ越す人が少なくなるからです。なぜ、引っ越す人が少なくなるのかというと、まず、入学や卒業といった時期ではないということと、気温が高く、何件も物件の見学に行くことが大変だということが挙げられます。ですから、空室物件を抱える大家としては、何としてもその空室を埋めるために家賃を下げてでも空室をなくそうと考えます。結果として、通常の相場よりも安い家賃の賃貸物件を見つけることができる可能性が高くなるということがいえます。

6月から8月は家賃交渉や物件の見学もしやすい


6月から8月は賃貸物件のオフシーズンであり、家賃も安くなる傾向がありますが、この時期はそれだけではなく、家賃交渉がしやすかったり、じっくりと賃貸物件の見学ができるというメリットがあります。
まず、家賃交渉については、人気の賃貸物件は別として、空室が目立つ物件であれば、さらに家賃交渉をすることによって家賃を減額することができる可能性があります。とはいえ、あまり大幅な減額交渉は決裂することが多いので、数千円単位で交渉してみるとよいでしょう。
賃貸物件の見学については、6月から8月は不動産会社も他の時期よりも忙しくないことが多く、見学も色々な物件を見せてくれることが多いので、じっくりと自分に合った物件を検討することができます。

小樽の賃貸マンションでは、デザイン性に優れている物件や設備の充実している物件などが多数存在し、魅力的な物件を探している場合に最適です。